いつもありがとうございます、本日もよろしくお願いいたします。

oppo RenoA を楽しくiPhone風カスタマイズ その 2

oppo RenoAiPhone風カスタマイズ

今回は「ランチャーios13」を紹介させていただきます

とても完成度が高く大人気のランチャーアプリなので知っている方もたくさんおられますね

RenoAだと他のandroid端末と少し設定に違うところもありますが充分使用できます

設定方法をできるだけ詳しく紹介させていただきますのでご参考にしていただけるとうれしいです

では、今回もよろしくお願い致します

目次

ランチャーios13の特徴と人気の理由

たくさんあるiosランチャーアプリの中で特にこのアプリの人気が高い理由は、まず完成度の高さと安定性です。

写真の向かって左がiPhone7右がoppo RenoAですAssistiveTouch?もあるので一瞬みただけではiPhoneと勘違いされそうなほどよく似ていますね。

しかも驚くのは見た目だけでなく操作感もiPhoneぽくなります「スワイプジェスチャ」や「ドロワーモード」が使えなくなり最初不便かな?と感じたのですが使っているうちに不思議と違和感がなくなります、画面切り替えのアニメーションもとてもios13に似ていてこだわりが凄いです。

ランチャーアプリを使用すると操作が重くなったり不安定になったりしがちですが、このアプリはとても安定してサクサク動作します、この辺りはRenoAだからなのかもしれませんが全然ストレスを感じません。

次の人気の理由としては設定メニューが完全日本語対応でとても分かりやすい事、iosランチャーアプリのほとんどは海外製のため設定メニューが英語や中国語なのですがこのアプリはしっかり日本語に対応しています

そして、なにより広告がとても少ない事です。

iosランチャーは他にもたくさんあってこの「ランチャーiOS13」より高機能の物もあるのですが、どれを試してもうんざりする程広告がでてきます。

このアプリはその点でも優秀です、全然ない訳ではないのですがアプリの設定を変更する時に数回でる程度で、すべての設定をしてしまうと普段広告をまったく意識する事なく快適に使用できます

以上が私が思うこのアプリの人気の理由です。

ランチャーios13を使用するにあたっての注意点

ここからはこのアプリを使用するあたって私が最初に知っておいてほしい注意点を少しお話しさせていただきたいと思います。

まず、「スワイプジェスチャ」や「ドロワーモード」が使用できなくなります、私もRenoAにしてから便利に使っていたので、これはちょっと残念です

結局ナビゲーションキーフォルダを使った操作と整理になるのですが

実はこのアプリには少し面白い機能があるので、先に少しだけ紹介させていただきます

それが「隠しアプリ」機能です、インストール済みアプリのアイコンだけを隠しておける機能なのですが、上手につかえば画面上に表示されるアイコンをかなりすっきり整理する事ができるのでおすすめです

次の注意点はインターネットブラウザのショートカットが作れない事、これはほとんどのランチャーアプリで起きる問題なのですがかなり不便です。

「Chrome」「Edge」「Firefox」「Opera」など試しましたがどうしてもショートカットが作れませんでした、しかも既に作ってあるショートカットもランチャーアプリをインストールするとリンク情報が消えてしまいます

なので、必ず各ブラウザアプリ内のお気に入り」に登録をしなおしてからランチャーアプリをインストールされる事をおすすめします。

最後に通知バッジの表示が不安定になる可能性があります、これに関してはご使用されるアプリによって評価が分かれるようです、特にSNSアプリやオークションアプリなどをよくご使用される方は注意が必要です。

症状としてはバッジの表示件数が合わなかったり通知が多少遅れたりする事があります、ただ私がRenoAで実際に使っていても使用に支障があるほどでも無くほとんど方は大丈夫だと思います。

ただし、RenoA自体が省電力機能により待機中にバックグラウンドで常駐するアプリを止めてしまう傾向があるので、症状が強くでる方はColor OS側の設定や個々のアプリ側の設定を見直す必要があるかもしれません。

Color OSの設定に関しては「RenoA 通知」などで検索すると大量にでてくるので先人の知恵で自分に合った設定を試してみていただきたいです。

アプリインストールと初期設定

では、ここから実際のインストールと設定について説明させていただきます。

まず、今のホーム画面から

下記リンクやPlayストアから「ランチャーiOS 13」をインストールします

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.luutinhit.ioslauncher&hl=ja

「IOS Launcher」アイコンをタップ

アクセスの許可確認表示がでますので問題なければ「許可」

メニュー表示になりますので

まず最初に「Utillities」をタップ

Modeを選択します、おすすめは

「iPhone8Style」「6x4」です

(注意)ICONSIZE」は初期値で良いと思いますが変更したい場合は最初に決めておいて下さい、途中で変更すると「アイコンを変更」等の情報が初期化されます。

いちどホームにもどって「設定」をタップ

注意ナビゲーションキー ▢ が少しわかりにくくなってますがいつもの位置をタップするとホーム画面に戻ります

下のほうにスクロールして行き「アプリ管理」をタップ

「デフォルトのアプリ」をタップ

「ホーム画面 システム標準」をタップ

「IOS Launcher」を選択

「ホーム画面を変更」をタップ

「IOS Launcher」が起動し初期設定が完了しました。

どんどんカスタマイズしましょう

さぁ、ここからは自分流にどんどんカスタマイズしていきましょう。

まずは気になるところから

左のアイコンが「連絡先」になってますが本当は「電話」なのでアイコンを変更します。

画面のアイコンの無い部分を長押しするとこの様な画面になります、ここで「ページを移動」したり「壁紙を変更」したり色々できるのですが、ここではまず「設定」をタップ

設定メニューが表示されますので「アイコンを変更」をタップ

注意)ここからしばらく広告が頻繁にでてきます、設定が終わると全然でなくなりますので少し我慢して下さいね。

アイコンリストが表示されますので「電話」を探します

右の🖊「ペンマーク」をタップして「電話」アイコンをタップします

ホームに戻るとアイコンが変わっています

次は名前を変更します「Playストア」の名前を変更してみましょう

「IOS Launcher」アイコンをタップ

設定メニューから「名前を変更」をタップ

「Playストア」をタップ

名前を書き換えます

こんな感じになります

次はアイコンの移動をしていきます、アイコンを長押し、アイコンが揺れだしたらアイコンを押したままスライドして移動していきます

そして隠しアプリ機能も使ってみましょう

例えば「コンパス」は使用しなくてもシステムアプリなのでアンインストールできません

 

フォルダを作り、使わないアプリのアイコンをまとめても良いのですが、このアプリの「隠しアプリ」機能を使うとスッキリ整理できます

アイコンを長押しします「隠しアプリ」をタップすると画面上から消えます(アンインストールはされていないので安心して下さいね)

ランチャーのメニューからいつでも簡単に戻せるので、画面からどんどん消していきましょう。

同じ手順でどんどんアイコンを整理していって、今はこんな感じで使っています。

andoroidシステム標準ホームに戻す方法

標準のホームに戻すのは簡単です。

まず「設定」をタップ、下の方へスクロールして「アプリ管理」をタップ

「デフォルトのアプリ」をタップ

「ホーム画面 IOS Launcher」をタップ

「システムランチャー」をタップすると標準のホームに戻ります。

ランチャーの設定は残っていますので同じ手順で「IOS Launcher」を選択すると続きから作業する事ができます

まとめ

前回に続きoppo RenoAのiPhone風カスタムについてお話しさせていただきました

私はiPhone3GSから最近までずっとiPhoneばかり使ってきたので、まさか自分がAndroid端末を使うことになるなんて本当に考えていませんでした

今年2月にauの2年更新時期がきていたので楽天(当時MVNO)に変更するタイミングでiPhone11にする予定で準備をしていました

そんな時ふと目にしたのがこの「ランチャーios13」を使ってAndroid端末をカスタマイズされておられる方の記事でした、当時人気だったRenoAの本体価格も下がってきていたので一度Androidも使ってみようかなと・・・・

今では大好きになってしまったAndroidとRenoAですが、そんなきっかけをくれた「ランチャーios13」を今回紹介できて良かったです。

今回もありがとうございました。

それではまたよろしくお願い致します。

◎Rakutenさんでは現在各種キャンペーンあり

有機EL液晶のGalaxyA7が15000円point還元で

実質2000円でご購入できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる